久住の山々映えるミヤマキリシマ

【2018年6月3日() はれ】

牧ノ戸峠(07:50)〜扇ケ鼻(09:30〜09:45)〜久住分れ(10:35〜10:50)〜天狗ケ城(11:25)〜中岳(【昼食】11:50〜12:35)〜
稲星山(13:05〜13:30)〜湿原(13:45)〜御池(14:05)〜久住分れ(14:25〜14:35)〜星生分岐(14:50)〜牧ノ戸峠(15:50) 

先週くじゅうのミヤマキリシマを見物した様子では、まだ3〜4分咲きだったので今週はきっと満開を迎えているはずだー
そこで再度出掛けようとしたものゝ久住山開きと重なることは忘れていた。混雑するときはシャトルバスも頻繁に出ている。
どこも物凄い駐車だったが登山口まで歩く覚悟を決心した。山全体は見違えるようにミヤマキリシマのピンクが映え美しい。
広大な久住の山肌全体に点在するミヤマキリシマピンクの鮮やかさ、好天もあり言葉で表せないほど美しく輝いて見える。
何十年も観てきたミヤマキリシマだったが、これほど久住連峰の広範囲でグッドで観られたのは初めての体験の気がした。

   
 長者原手前から朝日の星生南斜面は真っ赤です  駐車場は、どこもすべて満車
   
 路上駐車も、どこも数珠つなぎで塞がっています  シャトルバスは15分おきに運行されていた
 
 コンデジでは表れてないけど山肌はピンクなんです  登山道脇も良い感じで咲いています
   
扇ケ鼻の同じよう画像ですが…
   
 まだ蕾もあるけど、観る時期としては今が一番良い時期でした
   
   
登山者も半端ではなかった。団体さんも多いので、お互い譲ったり譲られたりと交差が大変です
   
   
 扇ケ鼻中腹広場から久住山  山々はほとんどピンクに染まっているんだけど…
 
 扇ケ鼻草原から久住連山(吾輩のデジカメではお粗末です)
   
 星生山南斜面も緑の中のミヤマのピンクが映えていました 
星生尾根越しの久住山(ミヤマのピンク色が表せないのが残念です) 
   
 避難小屋トイレ順番待ちで並んでいますね これでは判らないけど 三俣山も真っ赤なんです
 
 中岳へ向かう登山道から久住山、星生山、三俣山
   
天狗ケ城から御池斜面を見下ろす 
   
 天狗ケ城から坊ケツル奥にピンク色の三俣山と平治岳  中岳から天狗ケ城、星生、久住くらいの視界良好
   
 中岳から坊ケツル方向、由布岳も見えていました  中岳から天狗ケ城斜面と久住山
 
 中岳斜面からミヤマ越しの大船山と平治岳  緑の中に点々と咲くミヤマがまた良い感じでした
   
 稲星山へ向かう斜面も綺麗でした   振り返ると中岳と白口岳の間に平治岳
   
 主峰を結ぶ鞍部から法華院ルートは通行止め続いてます 展望のよい稲星なんですが、遠望はあまりよくなかった
   
久住の峰々にミヤマ咲き綻ぶこの時季に、いろいろ違う角度から晴天の山花風景を眺めることが出来て最高でした
   
 一週間でグーット赤みの増したベニドウダン クリックで拡大
   
 白い花もありました  ミヤマオダマキにも会えました

TOP画面         本年度表紙
inserted by FC2 system