里山のエビネラン

2018年4月16日(月) はれ:黄砂かすみ

10日、城山ふもとの熊平神社の八重桜が見頃ですよーと連絡をもらったので、きょう午後から出掛けてみたが、
もう盛りを過ぎて白っぽく色あせていた。この春の陽気では、開花も見頃も例年よりスピードが早い気がします。
葉桜となる20日頃は、近くの白山のエビネランが開花する時季なので、ちょっと足を延ばし里山に上ってみた。
やはり今年は開花が早いようで、もう6〜7部は花が咲いていました。
昔は、この辺りでは普通に見られていたとのこと。今は山を守る会の人達の手入れが続いて少しづつ昔の姿に
近づけられているようです。おかげで、春には美しい花を咲かせ、里山散策者を和ませてくれています。 

 
広々とした白山頂上 黄砂がひどく、金山・城山・許斐山望むがやっと
 
 まだツボミも多かった 見掛けた株の半分以上は開花していた
   
 イヌシデの巨木  ジエビネ  キエビネ  マムシグサ?(ムサシアブミみたい)

TOP画面へ        本年度山行
inserted by FC2 system