英彦山の霧氷

2016年12月30日(金) 快晴

〔コース〕  豊前坊駐車場(08:40)⇒溶岩の壁(09:20 )⇒北の肩(09:32)⇒北岳周辺(09:50〜10:10)⇒中岳 (10:43〜10:50)⇒南岳(11:10)
         ⇒中岳休憩所(【昼】11:35〜12:30)⇒ブナ大木(12:50)⇒野鳥観察路出合い(13:08)⇒スキー場(13:20))⇒豊前坊駐車場(13:40)

今年は暖冬気味なのか気温は高く雨が多く降雪が少なく。雪山を待つ身にはなんともどかしい近年の冬。
12月末少し冷え込んだものの、,年末年始の天気予報はズラリ晴れ続きで気温は3月並みの暖かさになるという。
昨日迄の雨含みの冷え込み後の予想気温みると、30日が最も冷え込み霧氷を見るにはこの日しかなさそうだ!
年の瀬も迫りあれやこれや何かと仕事はあるものの、雑用は後回し退け 英彦山登り納めに出掛けることにした。
豊前坊から北の肩までは全く見られなかったが、北岳に近づくに連れ紺碧の空に映える見事な霧氷オンパレード。
快晴。風はなく。気温も低い。前日迄の雨で水蒸気はたっぷりあり。霧氷のできる気象条件が揃ったのだろう。
余りにも天気が良過ぎて落氷が進みそうな気配に早く進まなければと思う気持とは裏腹に見惚れる様な稜線上の
青空背景の美しい霧氷光景になかなか足が進まない。撮影ペースで南岳まで霧氷を見届けて中岳へ引き返した。
一通り霧氷を堪能したあと休憩所でランチをしていると豊津の信ちゃんパーテイーが到着。滝へ下る予定だったが、
丁度滝から来た信ちゃんの話では氷柱は生長してないとのことで、今日は霧氷を満喫したので北西尾根を下る。
信ちゃん達とよく行動され素晴らしいブログを発信している、higetiasさんご夫婦に直に出会え最高の締め括りでした。

   
がら空きの豊前坊駐車場 気温-3℃  静かな高住神社
   
溶岩の壁の氷柱・・・・この辺りまでは霧氷は全くなし
 
 日射しのあたる北岳の肩は落氷がすすんでいたが、見上げると霧氷がついているではないですか 
   
北岳の肩から登るに連れ霧氷が段々多く残っていました 
   
霧氷林間から見る苅又山はいつもと違う見栄えがしますした
   
   
   
 
北岳周辺の霧氷林模様 
   
   
   
   
 展望岩から北岳  周辺の木々の見事な霧氷
   
 中岳に着いた時には一人しかいない広場でした  山頂からの視界はいまいちでした
   
 中岳休憩所広場  英彦山上宮
   
 上宮側から南岳  縦走路の霧氷トンネル
   
   
中岳・南岳 鞍部からの眺め  南岳山頂付近は落氷が進んでいました
   
 この場所では、一段と青空が映えます
   
 白骨樹林帯の草原から北西尾根を下ることに  野鳥観察路でみなさんとお別れしました
   
 いまや草スキー場は鹿の遊び場になっているようです  駐車場の気温は−1℃で殆んど上がってなかった

トップ画面へ         本年度山行

inserted by FC2 system