福智山(901m)&尺岳(608m)

《福智山ダム〜福智山〜尺岳〜福智山ダム》

【2016年5月20日(金) はれ、光化学モッグス霞み】

《コース》  登山口(09:10)⇒上野越え(10:05)⇒福智山(11:15〜12:05)⇒からす落し(12:28)⇒豊前越え(12:50⇒山瀬越え(13:15)
       ⇒尺岳平(13:42)⇒尺岳(13:47〜14:00)⇒豊前越え(15:00)頓野林道出合い(15:13)⇒大塔分れ15:38)⇒登山口(15:55)

このところ数日快晴が続き動きたいけど都合がつかなかったが、やっと出掛けられそうな時間ができた。
出掛ける時間がとれ山はどこでもよかったが遅くなったので、福智山を時間を睨みながら歩くことにした。

   
福智山ダム駐車場から沢沿いのショートカットコースに入る  大塔分れを見送り、薙野方向へ進む
   
 薙野休憩所を通り  上野越えに至る
   
季節的な関係だろうか?、山頂直下のクマササは枯れた感じが目立ちます(英彦山系は現在殆んど枯れている?)
   
天気は上々だけど風がありちょっと肌寒い(気温15℃)。 光化学の影響で山頂からの遠景は見透しは今いちです 
   
「 からす落し」を通り、豊前越えから、当初下山予定にしていたが、時間が早いので尺岳まで進むことにした
   
 龍王峡へ通じる、「山瀬越え」  「頓野林道」を横切る形の九州自然歩道
   
 「尺岳平休憩所」広場には小さな草花が咲いていました  尺岳平から5分ほど上ると展望のよい「尺岳」
   
 尺岳標柱の先、東側には貫山や犬ケ岳などが見渡せる 
   
 山頂から西側には金剛山が連なっています  尺岳のヤマツツジは蕾から開花を過ぎたものまで色々
   
 尺岳から稜線を「豊前越え」まで引き返し、内ケ磯方面へ頓野林道を大塔分れまで下る 
   
 出発時は、ダム湖畔は路駐の車で一杯だった  下山した時は、すべての車は引き揚げ、一台もなかった
   
 ダム湖畔堤に植栽された、ベニウツキがきれいに咲いていた 
   
エビネランの花がまだ残っていました   ハナシヨウブのつぼみを一株だけ見掛けた
 


トップ画面へ         本年度山行

inserted by FC2 system