石鎚山(1982m)登山

2015年10月26日〜27日

《三日目》 10月26日(月)晴れ   木の香温泉〜よさこい峠〜土小屋登山口「石鎚山登山」

《移 動》 木の香温泉08:05発⇒(瓶ケ森林道)⇒長沢10:20⇔(ロスタイム:約1時間)⇒よさこい峠10:45着

《コース》  よさこい峠11:00→土小屋登山口11:50→第二ベンチ12:35〜12:45→東稜基部13:10→南尖峰14:55
        →天狗岳15:03→石鎚山(弥山)15:28〜15:50→二の鎖16:05→二の鎖小屋16:10→東稜基部16:37
       →第二ベンチ16:54→土小屋登山口17:40→よさこい峠18:15着〜18:20発⇒(車)⇒山荘しらさ18:25着

前回、瓶ケ森林道を通った際に、雲上のパノラマスカイラインからの素晴らしい美景に憧れ、もう一度見たいと計画した。
木の香温泉から、旧寒風山トンネルを通り、瓶ケ森沿いの尾根を走る石鎚スカイライン終点(土小屋)迄の舗装道。
現在、台風被害でよさこい峠から土小屋間は通行止めになっていて、その間は土小屋まで歩かなければならない。
よさこい峠へ向う途中、何度か雲上のラインの路肩に止まり景色を楽しんだ。只、道幅が狭くすれ違いが困難な道。
本来右方向の土小屋へ進むべきところを、真っ直ぐ長沢へ走ってしまい。また来た道をよさこい峠まで引き返した。
往復約1時間のロスをしてしまい登山開始は遅れたが、2012年11月4日の経験が活きて、夕暮れ迄には降りられた。

   
瓶ケ森林道は、道幅が狭い上にヘアーピンカーブが多く、一瞬とも息は抜けない慎重なハンドルさばきが必要です 
 
 標高1100m〜1700mを走る「瓶ケ森林道」・・晴れた日には、壮大な山々が眺められる 
   
 よさこい峠から右カーブ方向へ進むと、土小屋へ至る道路  このゲートから先が道路崩壊で全面通行止めたなっている
   
 通行止めゲートから約15分歩いて工事現場上の巻道へ上る  大きなクレーン車が入り、道路の復旧工事が行われていた
   
 作業現場区間の林道は高巻して、この林道登山口に戻って、 土小屋側の通行止めゲートまで約15分ほど歩く
   
通行止め ゲートから、土小屋石鎚神社まで、5分程歩く  石鎚山土小屋登山口
 
 これから向う石鎚山と美しいササ原光景  第二ベンチ、陽射しが強くて日陰で暫く休憩
   
綺麗なクマササを眺めながら、なだらかな道を進むと、南尖峰への取り付き、東稜基部に着く 
   
はじめの灌木帯を抜けると、半分以上はクマササ道で、後半はクマササを掴みながら身体を引き上げる感じで上る 
   
 ササ道を過ぎると南尖峰の岩壁が待ち構えています  通称、カニノ横バイという、断崖絶壁をトラバースします
   
 三点確保で慎重にここまで登りましたが、やはりこの大岩を女性が上るには、ザイルとシットハーネスが必要でした 
   
 東稜を振り返ると、この断崖にへばりついて通過した訳です  南尖峰に立つと、ついこんなポーズ?に・・・
   
真っ青な空に突き刺す、南尖峰のテッペンに立つ  南尖峰から天狗岳を望む
   
 南尖峰を振り返ると、こんな絶壁の上に居た訳です  ここが西日本最高峰の天狗岳(1982m)の祠
   
 天狗岳の山頂に着いたとき、奥宮頂上社(弥山頂上)から、何人かの白装束の信者さんが向ってきます
   
一方、頂上社から天狗岳に向けて、ワイヤレススピーカーに合わせた、信者さん同志の応呼は、異様な雰囲気でした 
 
 ゆっくりする訳にもいかず、登頂撮影しただけで、すばやく天狗岳を譲り空けました
   
この日は、頂上社(弥山頂上)の11月3日閉殿前、最後の日際日神事が昨日行なわれたようで、信者さんだけでした
 
11月3日、午前11時で石鎚山頂上山荘も閉店するため、ヘリコプターによる搬出が行なわれているとのことでした 
   
 二の鎖小屋は建て替え中で、横には立派な小屋と公衆トイレが完成まじかのようです
   
夕景に染まる秋景色を楽しみながら、土小屋登山口を目指しました 
   
 土小屋、石鎚神社に無事に着きました  クリックすると拡大します


剣山へ         トップ画面へ         本年度表紙へ

《四日目》 10月27日(火)くもり   山荘:しらさ〜「瓶ケ森&伊予富士登山」〜帰路に着く

《移動》  山荘:しらさ07:10⇒瓶ケ森登山07:25〜09:10⇒伊予富士登山09:45〜11:25⇒伊予小松IC13:00
       ⇒来島海峡SA【昼食】13:40〜14:35⇒下松SA【夕食17:45〜18:20】⇒下関JCT19:30⇒帰宅20:30着

27日の天気予報が、直前に曇り時々雨と悪変した為。急遽、昨日の石鎚山と入れ替えて瓶ケ森ハイキングとした。
出発する頃は曇りで昼迄はもちそうだったが、瓶ケ森駐車場に着いた時は、ガスに覆われ視界がきかなくなった。
それに、雨こそ降らないものの、剣山と同じく風が非常に強く、瓶ケ森伊予富士はピークを踏んだだけだったが。
何より、行程を入れ替え、あの鋭くそ聳える石鎚山に好天日に登れたことに対して、感謝、感激、自己陶酔しました。

   
山荘しらさのスタフと楽しく語らいの一夜を過ごす  ガスに覆われた、瓶ケ森登山口
   
 ここが男山と女山の分岐、右の男山コースから反時方向廻る
   
 男山近くのクマササ草原の白骨林と右は登山開始後30分で男山頂上に到着・・山頂には石土権現の祠(天気がよいと、この奥には石鎚山が見えるはずだけど)
   
 男山から20分ほどで蔵王権現を祀る女岳(瓶ケ森:1896m 笹の狂騒曲を聞き、目の前の光景を想像しながら進む
   
伊予富士登山口(熊に注意の看板)  丁度、登山口から上空が雲にかかっているようです
   
 上がるに連れ、見通しがよくない、雨の降らないのが救い。  瀬戸内海から吹き上げる風が強い、伊予富士(桑瀬峠)
   
 登山口に着くと、雲がかかりはじめてきました  登山口から、約1時間半で廻れるハイキングコース
   
 寒風山付近は紅葉真っ盛りで、車の往来が多かった  国道194号線から右の石鎚国定公園が瓶ケ森林道
   
 寒風山トンネル口の川沿いに、冬桜が沢山咲いていた  帰路立ち寄った、展望の素晴らしい、来島海峡SA

剣山へ        トップ画面へ        本年度表紙へ
inserted by FC2 system