浅間山〜岳滅鬼山

【2015年10月7日(水) 秋晴れ】

《コース》  登山口(09:20)〜分岐(09:35)〜浅間山(10:40〜11:05)〜露岩(11:15)〜分岐(11:20)〜
       三国境(11:40)〜岳滅鬼山(昼食12:30〜13:15)〜三国境(13:48)〜コース分岐(14:03)〜
          展望台(14:20〜14:40)〜見晴台(14:50)〜谷・尾根コース分岐(15:10)〜登山口(15:20)    
先月、斫石峠から岳滅鬼山の峰入り古道をピストンをしたが、時間の都合で岳滅鬼山まで行けなかった。
そこで、きょうは東峰村の登山口から、県境尾根コースを経て浅間山から岳滅鬼山に上がり谷コースを廻った。
秋晴れのもと心地よい涼風を受けながら、360度パノラマとはいかないが、稜線には随所に展望台があり、
部分的な景色変化が望め。緑の中に色づき始めた紅葉がポッリポッリと季節の変化を楽しめる山行だった。
   
 県道-52号線から林道を約2km進むと登山口  車数台駐車スペースの場所が登山口
   
 谷・尾根コース分岐から尾根コースは約50分程度樹林帯の急坂を登る
   
展望は弱い浅間山山頂  4等三角点浅間のある山頂 
   
浅間山頂上から、南側の方面に東峰村と宝殊山?だろうか見られます 
   
 露岩展望台となっている  展望台から見えるのは南側の景色だけ
   
  谷コースと岳滅鬼山コース分岐   どれがスネフリ岩か?
   
 縦走路の三国境(筑前、豊前、豊後)分岐 直進して東へ向うとブナ、カエデ、シロモジが少し秋色です
   
三国境から岳滅鬼山に向うとブナ林帯に変わり、樹林間から英彦山が見える雰囲気のよい好きな場所です 
   
 この付近では、すでに紅葉の世界がはじまっています
   
   
   
素晴らしい森の気持よい稜線歩きが続きます 
 
 展望が開けると大日ケ岳・釈迦ケ岳と岳滅鬼山分岐。一帯のススキが優しくたなびき迎えてくれました
   
 三等三角点があり、平坦な小広場の岳滅鬼山  岳滅鬼山から北側の岳滅鬼岳や英彦山方面
   
山頂の木陰でのランチは寒くて、日照のほうが心地よかった 
   
 所々で季節の変わり目の景色が見られこれもまたよしです  展望台と浅間山、登山口のT分岐
   
展望台と名前は付いているが 、樹林に覆われて見えるのは東側にそれとすぐ判る浅間山だけ
   
見晴台からは、西側に東峰村の棚田と宝殊山?方面が見える
   
歩行中、まだつぼみが多かったが沢山の「アケボノソウ」を見掛けた 
 
クリックすると、拡大されます


トップ画面へ            本年度表紙へ

inserted by FC2 system