英彦山オオヤマレンゲ

【2014年6月14日(土) くもり】

《コース》  豊前坊(08:15)→溶岩の壁(08:50)→北岳の肩(09:10)→北岳(09:35)→中岳【昼食】(10:10〜11:30)
→行者堂(11:45)→北西尾根西面(12:05)→野鳥観察路(12:40)→ 豊前坊P場(13:20)

この時季一度は見ておきたい清楚で上品な花「オオヤマレンゲ」を、今年も前年と同じ日に行くことに。
夕方、用事を控えてたので、ゆっくり出来ないため最短距離を結んでオオヤマレンゲ巡りをしました。
途中、何人か英彦山の常連さんにお会いして山や花談義。今年はどの花も良くついているようですと。
オオヤマレンゲも今年はそれなり蕾も花もつけていました。まだ綺麗な花を十分みることができました。

   
 豊前坊の上の駐車場は、既に満車でした(気温14℃)  肌寒むかったが、ここまで登ると汗がふきでる
   
溶岩の壁では、開いた花は一輪であとはまだつぼみでした 
   
ロープ場は、4〜5輪咲いているけど岩場で足場が悪く写すのは難しい 
   
北岳周辺では、枯れ高木に絡みながら這い上がったツルアジサイが 多く目につきます
   
 白い花の多いこの時季には、ヤマツツジやベニドウダンの明るい色は目立ちます 
   
岩間のオオヤマレンゲ、まだつぼみばかりでした 
   
山頂のヒコサンヒメシャラはこれからが見頃でしょうか、たくさんの花芽がついていました。 
   
 花びらの一部についている淡い紅色が特徴  落ち花が並べられていました
   
 多くの人がぞくぞく集まる中岳休憩所前  新設された中岳休憩所のバイオトイレ
   
   
   
 サワフタギ  エゴノキ
   
ヤマツツジ  ベニドウダン 
 タチナミソウ  ツチアケビ

トップへ          本年度表紙


inserted by FC2 system