剣山(1955m)&石鎚山(1982m)

2012年11月2日(金)〜5日(月)

剣山登山

《初目》 11月2日(金)晴れ       『小倉港21:55出港⇒(カーフェリー)⇒3日:松山港05:00着

《2日目》 11月3日() 快晴 『松山港〜見の越登山口〜剣山登山〜愛媛県:木の香温泉(泊)』 

《移 動》 松山港05:20発⇒(松山・徳島自動車道)⇒美馬IC07:40⇒徳島県三好市剣山登山口09:20着。
《コース》  見の越登山口09:35⇒(リフト)⇒西島09:50⇒大剣神社10:15→剣山10:45→二の森11:25→
   一の森11:45→一の森ヒユッテ【昼食11:55〜12:15】→殉霊碑12:25→穴吹川源流12:50→
       刀掛け松13:20→西島13:40⇒(リフト)⇒見の越14:00。見の越⇒(車移動)⇒温泉宿17:50着

四国には、西日本で一番高い石槌山と第二の剣山の高峰がある。 両山とも、花と展望に優れた日本百名山でもある。
愛媛県・徳島県と離れているため、公共交通機関を乗り継いでは難しく、またマイカーを使っても車の移動時間だけでも
4時間以上を要し、登山と移動時間の疲れを考えると、なかなか両山を組み合わせるのはハードで実現しなかった。
ここにきて石鎚山へ行きたいとの要望と、自身も剣山は未踏なので、11月の連休に車を利用して出掛けることになった。
剣山は、思いがけない寒波で青空に霧氷、大展望の山並みに緑の笹尾根、山斜面に続く、赤・黄色の紅葉と正に五段染めでした。
石鎚は、過去4回登っているがいずれもメジャールートであり、今回は連休の紅葉シーズンとあって登山者の混雑が予想されたので、
きょうは、土小屋登山口を起点に東稜基部から南尖峰の壁を這い上がり、天狗岳から弥山を逆回りして土小屋へ戻るルートとした。

   
 登山リフト乗り場、見の越駅  にししま駅付近から山頂にかけて霧氷で真っ白です
   
 霧氷と下斜面の紅葉のコラボレーションが見事でした  病気を治し若返りの水といわれている、御神水(おしきみず)
   
 霧氷化した、お塔石は寒そうでした  山斜面の霧氷の白と赤・黄の紅葉が綺麗でした
   
紅葉狩のはずが、思いがけない!快晴の空に純白の霧氷トンネルにハイカーは見惚れ♪大喜びでした 
   
樹々の枝に芸術的な霧氷がつき、青空と見事なコントラストを見せてくれます (この場を去るのが惜しい気がしました)
   
   
 霧氷の奥の紅葉も綺麗でしたが!コンデジでは?  剣山本宮宝蔵石神社
   
平家の馬場一帯の風景。(頂上ヒュッテの温度計は氷点下1℃を指していた) 
   
剣山(1955m)山頂標柱にはえびの尻尾ができていました 。(冷気が頬を刺すような寒さ)
   
 無人化された気象観測所のある笹原の山頂風景  山頂直下で宿泊・食事のできる頂上ヒュッテ
   
二の森山道から見る次郎笈と剣山  青空のもと、やさしい笹尾根歩きは気持がいい
   
樹々は 真っ白に化粧して、抜けるような青な空に映えます  ここは温かい長閑な笹尾根風景に、心癒されまます
   
 クマザサに囲まれた心地好い山道を二の森へ向かう  真っ白に真っ青・笹の緑の見事なコントラスト
   
二の森山頂は、これまでが綺麗だっただけに、ちょっと殺風景にみえました 
   
歩くのにまったく疲れを感じさせない雰囲気の光景が、ずーっと続きます 
   
 それほど広くない一の森山頂  一の森山頂から10分ほどで一の森ヒュッテがあります
   
 剣山頂上と一の森頂上・西島への分岐点 まだ霧氷のたっぷり残る、 行者コース山道
   
   
 いろんな型どりの霧氷林帯  穴吹川源流の谷だそうです
   
 両剱神社・古剱神社のある行場  キレンゲショウマのお花畑横の登山道
   
 刀掛の松、休憩所  登山リフト、にしじま駅
   
 時間の都合で、今回は仕方なくリフトを使いました  脱輪車で渋滞、よいことばかりではありませんでした


トップへ     表紙へ 

inserted by FC2 system