伯耆大山:三の沢〜槍ケ峰〜剣ケ峰〜三鈷峰縦走

【2012年7月29日() 晴のち曇り】

《登山コース》  三の沢(06:15)→最終堰堤(07:00)→槍尾根(07:50)→負傷者救助対応(09:10〜12:30)→槍ケ峰(12:45)
        →天狗ケ峰(13:00)→剣ケ峰(13:15)→天狗ケ峰(13:30)−象ケ鼻(15:55)→ユートピア避難小屋(14:40)
     →三鈷峰(15:00)→上宝珠(15:35)→中宝珠越(16:30)→下宝珠(17:20)→大神山神社(17:35)→大山寺(18:00)

大山の主峰は剣ケ峰であるが、大山(弥山)から剣ケ峰方面へは2000年の鳥取県西部地震以降山肌の稜線の両サイドの
崩落が激しくなって縦走は登山禁止となっている。夏山登山道から大山(弥山)は何度か登っているが、剣ケ峰は諦めていた。
ところが文殊堂側から槍尾根を通って、天狗ケ峰、剣ケ峰、三鈷峰を縦走出来ることを知り、勇気を奮って挑戦することにした。
Weサイトで見る限りジャンダルム、大キレット、戸隠の蟻の戸渡りの痩せ尾根を連想していたが、そこを遥かに上回る厳しさを感じた。
、ボロボロ岩質のナイフエッジ(20〜30cm)が続くザレた痩せ尾根は足場、手掛かりが脆く、三点確保のとれない厳しさに不安と緊張の連続。
聞きしに勝る、刃渡りのバリエーションルートです。天狗ケ峰山頂はホット一息つける広さがあり、ここから剣ケ峰は単独でピストンをしました。
この両サイド南壁、北壁を覗きこむと目が眩みそうな絶壁、両壁を挟んで崩落を食い止め繋がっている境界が側稜として残っているグラード。
落ちればどこにも引っかかりそうな木枝はなし、転落すれば間違いなく命はない。ホールドもスタンスもきかない脆さに不安と緊張の綱渡です。
常連者の話では今年は豪雨で一層エッジが削られ危険度が増しているので、4本足では足りないお尻、膝も使って慎重に降りて下さいと助言。
確かに、天狗ケ峰から象ケ鼻の下り東壁と北壁の研ぎ澄まされた稜線の核心部分は、靴幅がやっとの狭いナイフと言うより剃刀エッジです。
より集中した注意と慎重さが必要で一歩というより半歩進むのに力が入った。象ケ鼻を過ぎるとお花畑の一角となり登山者の姿が見え始めた。
厳しい難路を終え、お花畑の一角で腰をおろして休憩した時は、流石にこれまでの緊張感から解放された安堵感から疲れがどーっとでた。
今回、目の当りに落石事故現場に遭遇し、被害者の救助活動をフォローながら一刻も早い救出を祈りながら、更にこの山の恐さも知らされた。
ユートピア避難小屋一帯の斜面は見渡す限り、いまが見頃の広いお花畑だが、時間的な遅れもありゆっくり楽しむ間もなく足早に通り抜け、
三鈷峰を廻り、宝珠越えして大山寺に下山した。想像以上の危険な山でしたが、みんな無事に歩き通せたことに、ただ感謝するばかりでした。

 
 
 登山口にあたる三の沢橋近くにある文殊堂  三の沢に設けれれた仮登山道標識だったが?
 
延々と続く堰堤も終盤  最終堰堤を左岸から右岸へ渡る
   
 一歩一歩がズルズル滑り、とにかく歩き難い砂礫を登る  目前には遮るものは何もない、ドーンと主稜線が
 
足元に気を取られていると目標を見失うので気は抜けない お花畑の稜線に辿りつく 
 
青空に悠然と聳えアルペン的景観の主稜線   これから目指す槍ケ峰、剣ケ峰の稜線
 
 まずは槍ケ峰南峰のナイフエッジを慎重に進む  アクシデントに遭遇、雲と風が出始め救出ヘリが近づけない
   
 本沢側からガスが吹き上げる中、天狗ケ峰への痩せ尾根  これから向かう主稜線、こちらも崩落の激しい南壁。
 
 ホールドのない槍ケ峰から天狗ケ峰へは四つん這いで  天狗ケ峰山頂で、やっと一息つける広さがある
 
 天狗ケ峰山頂からユートピア避難小屋方面へ  崩落の激しい大山北壁、これから向かう剣ケ峰方面
 
剣ケ峰方位盤は1731mとなっているが、鳥取県西部地震で2mほど低くなり、現在は1729mだそうです 
   
 剣ケ峰からボロボロの岩質の痩せ尾根も緊張の連続で天狗ケ峰へ慎重に引き返す(奥が剣ケ峰:1729m)
 
天狗ケ峰から象ケ鼻の危険個所も、もろい岩質のうえ靴幅がやっとで尻セードならぬ五足で慎重に確かめながら進む 
   
 浮石など掴まないように、慎重に四足、五足でずり進む 狭い 崩落境界の灌木を掴みながら慎重に半歩ずつ進む
   
 天狗ケ峰から約30分ほど歩を進めると、ユートピア避難小屋一帯の見事なお花畑に緊張感が解されホーットする
 
ここまで ピーンと張りつめていた気持を、高山植物の花たちがほんとうに癒してくれました。
 
ユートピア避難小屋周辺の斜面一帯は、見渡す限り見事なお花畑でしたが、残念ながらガスで見え隠れ。 
 
 一面がシモツケソウ・クガイソウで埋め尽くされていた 三鈷鋒からはガスが出て視界はない。こちら花は少ない
 
 上宝珠から三鈷鋒を見渡す  中宝珠一帯は見事なブナ林の連続
 
 日本海に沈む夕陽


トップへ     表紙へ

inserted by FC2 system