弓張岳(404m)・岩石山(454m)

【2012年4月24日(火) 晴れ:黄砂】

(コース)  添田公園駐車場09:30→鷹越入口09::50→岩石山・弓張岳分岐10:10→弓張岳10:30→弓張岳口11:10
        岩石山登山口11:13→正面登山道合流11:25→奥の院11:30→岩石山11:40→国見岩→梵字岩→大砲岩
        →八畳岩11:55→岩石山【昼食】12:25〜12:45→針の耳13:00→三の滝13:15→添田公園駐車場13:30着
        そえだジョイ登山口13:40→展望台14:00→そえだジョイ登山口14:30  (*記載時間は途中休憩を含む)

22日、カタクリの花見物は荒れ天候模様で中止で流れ、GWの混雑期は動きたくないし、しばらく退屈な日々が続きそう。
山友のネットをみると岩石山のミツバツツジが丁度よさそうなので出掛けてみることにした。天気は夏を思わせる暑さ、
黄砂のため視界はよくない。それなら未踏の鷹越から弓張岳を廻って、岩石山のミツバツツジ見物をすることにしよう。
弓張岳から北の鷹越峠へ下りようと試みたものの、これが踏み跡なしの難路で、途中何度か引き返そうかと思ったが、
早い時間なので、防鹿ネットを頼りに涸れ谷沿いをしばらく降りて行くと、なんとか林道が眼に入ってほ-っとしました。
ツツジは山頂付近にチラホラ咲いてる程度で、咲き終え枯れ花弁も見当たらないし、葉っぱのでたものが多かった。
山頂で地元の人に正面道にいくらか咲いていましたよと聞き、ひと回り後、再び登り返してそれらしき花に出合えました。

   
 そえだ公園の新緑が綺麗です  多目的保安林横の鷹越登山道
   
 林道に出ると、岩石山と弓張岳の分岐標柱がある  ←の標柱の向かい側が、弓張岳登山口
   
 樹木の中で、全く見通しのきかない弓張岳山頂  山頂に「鷹越峠(別道)へ」とあったのでこちらへ下る
   
 山頂から急坂を下り、涸れ沢沿いの坊鹿ネットを辿って下る  しばらく下ると、この林道が眼に入りホットする
   
 人影のない奥の院  奥の院のミツバツツジは蕾でした
   
 奥の院から山頂へ向かうとき、はじめて観たミツバツツジ  山頂には、ひときわ目立つハルリンドウが咲いてました
   
   
  国見岩・梵字岩や八畳岩の周りにチラホラ ミツバツツジの咲いているのが観られた
   
 陽射しが強く、この日の添田町の最高気温29.4℃だったそうです。八畳岩から、黄砂で霞む添田の街並み
   
 「針の耳」   「針の耳」の横にある、弘法大使の石仏
   
正面登山道脇に咲く、ヤマツツジ(植生だろうか?) 
   
   
 きょう一番の収穫、この見事な紅紫色のミツバツツジに出合えたことでした。
   
まだ 十分綺麗ですが、ところどころに少し葉っぱが出ていました(Mちゃんが話していた樹だ♪)
   
 添田公園一帯のモミジの新緑の木漏れ日は爽やかで心癒してくれます


トップへ     表紙へ

inserted by FC2 system