散々な冬山登山

【2012年2月19日() 雪】

(コース)  豊前坊駐車場10:10発→北岳の肩11::15→北岳11:35→中岳12:15〜12:50→ <北西尾根>→
     「撤退」→表参道13:00→産霊神社13:20→野鳥観察路13:50→キャンプ場14:30→豊前坊駐車場15:10着


このところ週末には決まって強い寒波が襲ってくる。きょうは山の会2月度例会登山で久住冬山行きの予定であった。
日曜の今朝も出発前ひらひら雪が舞っていた。国道を高速道ICまで向かう間も降り止まぬ雪が周囲を真っ白く染め始めた。
出発前に刻々確認した交通情報では、大分自動車道の一部に速度規制がかかっているだけで通行できるはずであった。
ところが激しくなった降雪のため、向う途中に九州自動車道が通行止めになったらしい。高速道入口に通行止めの看板。
通行不可の場合は英彦山と決めていたので、今来た道を引き返すはめになった。戻る途中、車4〜5台の玉突き事故、
横転してライトの点いたままのワゴン車など、生々しい恐怖の事故現場を目撃して、緊張のなかにも一層不安がつのる。
緊張の上にも更に慎重な安全運転努め、なんとか山裾の村に着いた。これまた麓からチエーン装着が必要な状況である。
積雪も半端ではない、平常心でない気持を精一杯落着かせながら、ヒヤヒヤドキドキしがらなんとか豊前坊に辿り着いた。
スタートが遅れた分、登山口からトレースがあり、先行者の跡をちゃっかり辿らせてもらい、中岳までは楽チン登りができた。
殆どの人が真ん中の表参道から来たのだろう、雪は多いけど休憩所は満員でした。下山は北西尾根を下るつもりであったが
目標を目指し雪深いトレースなしの中を暫く進むものの視界が悪く、ホワイトアウトとなるので危険と判断して表参道に撤退。
雪に脅かされ精根使い果し、天気に恵まれず景色を楽しむ余裕はなかったが、事故なく無事終えたことに感謝した一日でした。


(クリックで大きい画像になります)

inserted by FC2 system