登り初め英彦山


2112年1月3日(火) 曇り


(コース)  別所駐車場08:50⇒奉幣殿09:05⇒行者堂10:25⇒中岳〈昼食〉10:40〜11:40⇒南岳12:05⇒材木岩12:50⇒鬼杉分岐13:10⇒
         三呼峠分岐⇒大南神社13:20⇒鬼杉13:30〜13:50⇒玉屋神社14:30〜14:50⇒虚空蔵15:30⇒奉幣殿15:45⇒駐車場16:00

元日、2日と平地は雨と氷雨で、きっと英彦山は真っ白い雪に覆われているだろうと、初歩きは英彦山にしたものの,
雪はなく気温も高め霧氷の期待が薄いことから、山友がまだ歩いたことのない中岳から玉屋神社へ廻ることにした。
中津宮辺りから積雪が少し多くなり霧氷も観られるようになった。雪曇りで青空は期待できないし、視界もよくない。
中岳休憩所で昼食を終えた頃、人が増え始めその中に到着した嘉麻市のMさんSさんがいたので席を譲り南岳へ向かった。
上宮で信ちゃん俊ちゃんにお会いして南岳を下ったところで、暫らく青空が覗いたが、その時は霧氷のないところでした。
青空の霧氷は観れなかったが、久し振りに回った鬼杉、玉屋神社の霊水にパワーをいただいたような初歩きができました。

    
英彦山に向かう途中、ご来光をみることができた
   
珍しく 奉幣殿も雪はなし  綺麗な霧氷が観れるようになる
   
上宮下、 英彦山参道一帯の霧氷林  英彦山山頂
   
 中岳休憩所  休憩所から上宮
   
 雪曇りで残念であったが霧氷はよくついていました
   
 5cmくらいのエビの尻尾が沢山できていました。
   
青空景色を眺めているとき、Mさん達に追いつかれました  材木岩付近も薄ら雪でした
   
 大南神社、ここから引き返す。  玉屋神社
   
 般若岩の清水は日本の3大霊泉だそうです  神々しい鬼杉

トップへ     表紙へ
inserted by FC2 system