英彦山の霧氷

【2011年12月18日() 曇り】

(コース) 豊前坊駐車場08:45発→北岳の肩09::30→北岳10:00→中岳1040〜11:30→南岳11:45→
      →北西尾根取り付き12:15→野鳥観察路13:00→スキー場13:30→豊前坊駐車場14:00着

16日、この冬一番の冷え込みで福岡地方も初雪を観測し、週末まで冷え込みが続くということで、晴れ予報の18日出掛けることにしました。
雪の降った先日に比べると気温は高めで平地は晴れ、でもやはり山の様子は違うようです。英彦山の麓に近づくと曇りで、山の上の方には
雪雲らしきものが覆っています。路面状況や霧氷のできやすいコースを狙い豊前坊駐車場を目指しました。下界では全く雪の気配はないでも
やはり英彦山道に入ると雪は少ないが凍結して危険な路面状態です。慎重にやっと駐車場に到着。休日というのに珍しく一台の車もない。
周囲を見渡せば冬枯れの樹林に霧氷の気配はなし、気温-2℃と冬山にしては暖かい。あ〜ぁ-今日は樹氷、霧氷はなしかと思う諦めの気持と、
微かに山上を覆ってい雪雲に望みをかけ稜線に出たら少しでも観れる事を内心祈りながら登ることにした。密かな願いが通じたのか北の肩辺りから
薄っすら着雪が観られるようになり思わずバンザイです。高度を上げるにつれ、霧氷の赤ちゃんをパチパチ撮りまくりでなかなか足が前に進まない。
特に標高の高い北岳から南岳を結ぶ縦走ルートは出来たての可愛い霧氷が綺麗でした。青空をと願う反面、曇りだから観れた光景に大満足でした。

   
 田川路を走るころ日の出です。  駐車場に車は無し。雪は少ないが路面は凍結しています
   
 北の肩辺りから、粉雪が舞い着雪しはじめていました 北岳山頂一帯は霧氷の赤ちゃんの量が多いようです 
   
   
流れ雲の間から、少し青空も見えましたがすぐ隠れてしまいます。
   
粉雪舞う、 北岳山頂  まるで白い花が咲いているように綺麗でした
   
 風の当らない東斜面鞍部は霧氷はついていません  中岳山頂
   
 中岳避難小屋・上宮の様子  中宮下から南岳を望む
   
 南岳山頂  南岳迂回路樹林間からの遠望
   
  南岳迂回路樹林間からの遠望   南岳側樹林間から中宮
   
 桜でも咲いているような北西尾根から涸れ沢の霧氷  北西尾根から中宮を振り返る


トップへ       表紙へ

inserted by FC2 system