戸隠山・高妻山・飯縄山

平成23年10月7日(金)〜10日(

〔10月7日〕 小倉駅⇒(新幹線)⇒名古屋駅⇒(中央本線・篠ノ井線)⇒長野駅⇒(バス)戸隠神社中社
〔10月8日〕 戸隠神社奥社→蟻戸渡り→八方睨→戸隠山→九頭龍山→一不動小屋→戸隠キャンプ場
〔10月9日〕戸隠キャンプ場→一不動小屋→五地蔵山→高妻山→六弥勒→戸隠牧場→戸隠キャンプ場
〔10月10日〕飯縄山登山口→飯縄神社→飯縄山→飯縄神社→登山口⇒長野駅⇒名古屋駅⇒小倉駅

第2日目:10月8日(土はれ戸隠山(とがくしやま)登山1,940m

〈 コース〉 戸隠奥社入口→(20分)→随神門→(20分)→奥社・社務所横登山口→(1時間)→天狗の窟地→(10分)→蟻の戸渡り→(10分)→
剣の刃渡り→(10分)→八方睨み→(10分)→戸隠山→(50分)→九頭龍山 →(50分)→一不動避難小屋 →(1時間30分)→戸隠キャンプ場

戸隠は、宮崎の高千穂と同じく日本神話で名高い天照大神が、天岩窟に隠れた時、無双の神力でその岩戸を開けたといわれる、
天手力雄命が御祭神である戸隠神社と、また、その岩を投げ捨てたら戸隠山になったという伝説がある戸隠山へ登ってきました。
ここのハイライトは「蟻の戸渡り」左右に切れ落ちた、幅50cmナイフエッジの「剣の刃渡り」を通過して八方睨みへ至る岩稜歩きである。
また、これらの神でなぜ縁結びのパワースポットと呼ばれるようになったのかは不思議なところですが、ある有名な女優さんの紹介で
一躍、戸隠神社は縁結び日本有数のパワースポットとして参拝客が増えているそうです。この連休も物凄い人と車で混雑していました。
   
 奥社参道の見事な杉並木と随神門  戸隠神社奥社:なるほど若いカップルの多さに納得
   
奥社社務所横が登山口で、登山届をここに投函します  登山口設置の戸隠連峰の登山地図
   
高度を上げるに従って、黄葉、紅葉がきれいになってきました 
   
 オーバーハングの岩窟に、五十間長屋、百間長屋と続く 、見下ろすと崖壁の紅葉がみごとでした。
   
 10mほどのくさりばをよじ登ると蟻の戸渡り  難所の蟻の戸渡り、上がると景色は抜群でした。
   
 天狗の露地から数か所くさり場をよじ登ると胸突岩にでる  素晴らしい紅葉の先に西岳、こちらもすごく険しそう!
   
 この鎖場の上に戸隠のハイライト剣の刃渡りが待ち受ける  両側100mほどは切れ落ちているナイフエッジの剣の刃渡り
   
人により、四っん這い、座り尽くしといろんな人がいて、通過時間の予測ができない 
   
距離はそれほどない のだが、交差できないので待ちを時間を計画しておかないとならない
   
 八方睨み山頂、大パノラマで景色は絶景です。   八方睨み山頂から高妻山
 
 すっかり 秋色に変わった山肌はきれいでした
   
あまり広くない戸隠 山頂から、明日登る三角錐の高妻山を望む 
   
すぱっと切れ落ちた岩肌についた紅葉の奇勝 
   
   
   
青空に照らされキラキラ黄葉は、その場でずーっと眺めていたいほど見事でした
   
最後の登り返しの鎖場  高妻山の姿が、目前にたびたび現れ退屈することはない
   
 戸隠山、高妻山との分岐にある、一不動の避難小屋、  スラブ状の帯岩、滑り安そうだが小さなステップがある
   
 麓はまだ、まだ黄緑の葉っぱ、これもまた実に爽やかです  キャンプ場は、凄く多くのテントが張られていました

トップへ    2011年表紙へ     次ページ

inserted by FC2 system