三俣山(1744.7m)

2011年9月18日() 雨のち曇り

台風15号と秋雨前線の影響で、このところ連日天候不順が続いている。そんな中三俣山登山を予定しているものの今日も50%の降水確率。
天気図と天気予報を見比べ、朝方からの降水量0mmに期待を賭け出掛けることとした。久住に近づくに連れ雨は激しくなるばかり、あ-ぁやっぱり
駄目か。次なる行動を思案しながらダテ原湿原でも散策しようと出向くが、横なで雨に風が強くて諦め、ビジターセンターで暫く様子を見ることに。
そこで信じられない現象。先ほどまでの雨が9時過ぎにピタッと止んだ。然し、三俣山は相変わらず低い流れ雲に覆われ山容は全く姿は見れない。
約1時間半の待機であったが、ここまで来たら山歩き出来るだけでよいのだー。雨後の登山道は足場も悪くおまけに濃霧、歩行条件が悪いので、
最も、安全なルートを進めるところまで歩き、リスクを伴うような行動は絶対しないと決めて、三俣山西峰、W峰、本峰だけ踏んで戻ってきました。

   
 雨にも関わらず、駐車場は行動待機中の車で一杯でした  盛りを過ぎたヒゴダイがまだ沢山残っていました
   
 雨上がり後の、長者原登山口  登山道脇でみかけたキノコ(名前は?)
   
 砂防ダムの水量、道路を小川のように流れていました 登りの途中、長者原方面も綺麗に見渡されました
   
 すがもり越え岩場を下山中の高校生グループ  すがもり避難小屋に来ると、ガスって視界悪化
   
視界の悪いなか、なんとか辿り着いた、三俣山、西峰と本峰 
   
視界不良で引き返すころに、僅かな時間雲もとれ、こんな姿を見せてくれた硫黄山、久住連山と北千里ケ浜 


トップへ       表紙へ

inserted by FC2 system