英彦山の新緑

【2011年5月日() 晴れ】

好い陽気になり、やはり気になる山の新緑とお目当ての花です。例年なら萌黄色に染められてるはずの英彦山に、春の兆しを求めて、
今年も同じ時期を見計らって出掛かけてみました。ところが、今年の山の雪消えも遅く、1月は随分寒く、2月は暖かくなったかと思うと
その後また寒い日が続くなど気候が随分おかしかった。山の季節もお目当ての花も新緑も、たしかに一週間から10日位は遅れていました

   
 搬出のためかどうかは分からないが、林道整備されていた  どの山も雪害による倒木が多く、切り出された杉の木
   
青葉・若葉に満ち溢れる様相には もう少し時間がかかりそうです
   
黄砂で、あいにく視界はよくないが、萌える息吹に春の足音を感じます 
   
   
 シャクナゲの蕾は、まだねむつたままでした  シャクヤクの蕾は、開くタイミング伺っているようです
   
 @スミレ(正式名知りません)  Aハルとフデ〜フリンドウ(見分け方わかりません)
   
 Bヤマウツボ  Cショウジョウバカマ?
   
 南岳山頂に自転車?(奉幣殿から担いできたそうです)  中岳広場は、大勢のファミリー登山者で賑わっていました
   
 帰路、見せていただきました。 現在82歳の方が、自宅裏山を一人で、35年かけ石楠花園に造り上げたそうです。 


TOPへ       表紙へ

inserted by FC2 system