魚楽園&岳滅鬼山

2010年11月21日( 快晴

晴天のぽかぽか陽気に、里へ下り いま見頃の紅葉情報につられ「魚楽園」と「英彦山」へ出かけることにした。
川崎町「魚楽園」は雪舟築庭の庭園のなかでも、非常に完成度の高い優れた庭園といわれ、国の名勝庭園に
指定されているとのこと。 名勝庭園には興味があるので、一度見物してみたい思っていた。
普段は奥深い静かな庭園であろうが、この時季は紅葉狩りに押し寄せた大勢の行楽客と車で混雑・・・イメージと違った。
英彦山は、銅の鳥居付近が見頃とのことであるが、英彦山道路の上りは「シャクナゲ荘」付近まで車の大渋滞。
とても目的地まで行く気にもなれず、「シャクナゲ荘」まで渋滞の流れに従い、近くの大権現神社へ迂回。
2週間前は綺麗だった紅葉の変化をみて、大南林道沿から、静かな山歩きに切り替えて「岳滅鬼山」を往復することにした。
   
 外壁の白壁越にみる 藤江氏魚楽園  縁越しに眺める屏風庭園は綺麗でしょうが・・・人が多くて
   
紅葉の葉が真っ赤に染まり、写真を撮る人や見上げ眺める人で、落ち着いておれません
   
 英彦山道路は行楽の車で大渋滞でした  英彦山大権現神社 冠木門辺りの紅葉
   
大権現のもみじ谷や鐘楼一帯の紅葉はすっかり終わっていた 
   
 岳滅鬼山登山道から見る英彦山方面景色
   
 岳滅鬼山(1036.8m)山頂  登山道に残る名残り黄葉
   
 山歩きでは、思いがけない光景に出合うことがよくあります 

TOPへ       表紙へ
inserted by FC2 system