由布岳お鉢巡り


2010年2月20日(土)晴れ

登山口08:00⇒合野越え08:40⇒またえ10:00⇒西峰10:30⇒お鉢巡り下り口11:15⇒
東登山口近くで【昼食】12:15〜13:00⇒東峰13:30⇒またえ14:05⇒合野越え15:20⇒登山口15:50

 ,昨日までこの冬最後の寒気かで?、雪が舞うほど寒い日が続いた。
今日から春らしい暖かい天気が続くというので、この冬もう一度樹氷を観たいそんな思いで氷結率の高い
由布岳へ出かけました。
登山口駐車場に07時30分頃到着、山頂は吊るし雲が纏わり付いているが、雲の隙間から白い山肌が顔を
覗かせ期待に胸膨らませる。
車はまだ少ないが、この後50人位のパーティが登ると聞き、かち合わない様早々スタートする。
合野越えで一服し、潅木を抜け山頂に近付くにつれ真っ青な空に樹氷群が迎えてくれワアーと歓声を上げる。
まさに白銀の世界である、青空背景の樹氷にウットリと見とれてしまい、まるで夢の世界にいる心地である。
またえ付近の登山道は凍結していて、お鉢巡りは初体験者には無理ではと思案したが、幸い朝の陽射しが
強く障子戸の岩場は雪解し乾いていたので慎重に三点確保しアイゼンなしで西峰まで登ることとした。
西峰北端からは雪が多くなりアイゼンを付けお鉢回りコース入る。
私自身は、これまで幾度か冬のお鉢巡りは経験しているが、今日ほど暖かく無風、快晴、たっぷり付いた樹氷、
最低鞍部では岩雪も解け、最高の冬山j条件でお鉢巡りのできる幸せを体験しました。
樹氷越しにみる遠景や双耳峰の素晴らしい美しさ、忘れられない雪景色を心ゆくまでじっくり堪能しました。
この日に誕生日を迎えた人へ、この上ない素晴らしいプレゼントになりました。

TOPへ       表紙へ

inserted by FC2 system