英彦山をケルンの谷から登る

2009年11月28日(土)晴れ

先日、裏英彦山道で間違って仲間が散々な思いをしたことを聞いた。是非一度検証に出掛けてみたいと考えていた。
きょう同行の山友に裏英彦山へ出かけることを電話をしたら、そのやり取りに奥さんも一緒に行きたいとのこと。
こりゃー間違いあっては大変と、ルート確認のため裏英彦山をよく詰めているMORIさんに尋ねろと、連チャン登山にも
関わらず、同行してくれるとのこと。
お陰で、当方気をつかう必要もなく、冬枯れの癒しの森を楽しみながら、道迷いが起たらしいところを探しながら歩く。
この山は、最近やたらテープが多過ぎるので気になっていたが、その中に森林境界測量のリボンも混じっており、
どうも、これと間違って尾根筋に上がっているようでした。
仲間が間違って這い上がったのではと思わせる場所を探しに行く道中で、現に今日も泥まみれになり這い上がって
来ている中高年男性2人に出会った。
単独行予定が思いがけない同行者を得、天気も回復、冬装いの樹林帯は落葉に敷き詰められた柔らかい登山道、
急坂、岩や倒木渡り、藪こぎなど変化に富んだ未踏の裏英彦山ケルンの谷からの登頂はメリハリがあって面白かった。


  トップへ        戻る

inserted by FC2 system