城山キヌガサタケ


2009年6月中旬〜7月中旬

例年梅雨時に観られる、城山のキヌガサタケ6月21日から日参しているが、6月9日入梅以降雨がない、空気の乾燥した状態では、艶やかなキヌガサタケは現れない、やっと月末29日夜から7月1日までに400mm近い大雨が降った。
それでも城山のウスキヌガサタケは発芽ズレか、日に1〜2個出たり、出なかったり、例年に比べ全く不作です。
これは、気象異変による自然減少なのか、人的侵害による急減なのか?・・淋しい限りです。
一方、キヌガサタケは大雨で潤った竹林に、開花時期を競うかの如く、毎朝2、3個美しいドレス姿の魅せるようになりました。
こんな素敵な出会いをもたらしてくれる場が近くにある幸せと、みんなで守ることの大切さを強く感じています。

トップへ        

inserted by FC2 system