2008年2月3日(

※法華院山荘7:55→登山口8:15→段原10:05→避難小屋8:15→大船山頂10:45〜11:00→御池11:10→山頂11:20
   →避難小屋11:40→段原11:45→登山口避難小屋『昼食』12:25〜12:55→雨ケ池13:55→長者原14:55着
※長者原駐車場15:10発⇒豊後中村15:50⇒耶馬溪16:10⇒道の駅17:35⇒小倉駅18:45着

 秘湯「法華院」山荘を出発する頃はどんより曇り視界も悪かったが、登山開始から1時間もすると視界も利く
ようになり天気はどんどん快方へ向う。
樹氷トンネルの新雪を心地よく踏みながら5合目付近に登ると、青空が見え始め、久住連山や阿蘇の名峰、
由布岳などの雪化粧と紺碧の青空は言葉では言い表せないほど鮮やで美しい眺めです。
歩くより見事な風景に見惚れながらシャッターを切りまくった。冬の久住連山でこれほどの好天に恵まれたのは
何年振りだろう、遠い昔の記憶しかない‘ラッキー’今日初めて冬山体験の人もいたが、初参加でこんな景色が
見れるとは、なんと果報者だろう。
下山時はもっと好天を期待したが、やはり山の天気は変わり易い下山する頃にはガスに覆われ坊がつるに
着いた頃には、また雪が降り始め長者原まで止むことはなかった。
今回はほどよく(約30cm)雪が積り、アイゼンをつける必要なく、樹氷に青空と見飽きることない景色に、
強風もなく、最高の冬山登山を満喫しました。


戻る

inserted by FC2 system