2008年2月2日(土)

 《行程》小倉駅前7:15出発⇒(都市高速)⇒(椎田バイパス)⇒道の駅8:20⇒耶馬溪経由9:30
    ⇒玖珠9:50⇒あいのせ茶屋10:15(チエン装着)⇒長者原10:55⇒牧ノ戸峠駐車場11:15
《コース》牧ノ戸11:25→沓掛山11:40→扇ケ鼻分岐12:40→西千里浜→避難小屋13:15〜13:45
     →『昼食』→久住山頂14:20→避難小屋14:55→北千里浜15:35→法華院温泉16:10到着

天気予報は寒気流れ込み曇りとなっていたが、耶馬溪付近からの小雨が。山に上がるに連れ
雪に変わり「あいのせ茶屋」付近では積雪のためついに動きの取れなくなった車を見かける。
路面5cm程度の積雪は、やまなみ迄変わらないが「あいのせ茶屋」付近が一番危険地帯みたい?
帰りには、ここのカーブでスリップで破損した車の除去作業のため大渋滞していた。
我がドライバーも、スタットレスタイヤの上に更にチエンを装着する用心深さである。
牧ノ戸峠、小雪は舞っているが風がないため寒さはさほど感じない。
気温−2℃、風が弱く高度上げるに連れて樹氷はたっぷり付いており視界はよくないが
贅沢は言えない、雪山歩きには好条件の方の登山日和でした。
久住分れ避難小屋で昼食をし荷物をデポして久住山頂を目指す。
久住山頂も視界は利かないものの珍しく強風吹雪もなく-2℃と、久々冬の久住山頂を踏めた。
次は、御池から白口谷を法華院へ下る予定であったが、積雪や視界の状況から結局、北千里浜
を通り法華院へ下ることに変更した。
積雪約30cm位だが深いところは腰まではまり込んでしまう
法華院温泉も風呂場の改装等、
昔と違って随分綺麗で快適(廊下ストーブあり)になっていました。
山小屋というより温泉宿といった感じです。何より500ml缶ビール350円が気に入りました。 



戻る

inserted by FC2 system