2006年2月11日(土)

登山メモ       
              
十方山は広島県の西中国山地国定公園にあり、標高は1319mと、それほど高くはない。晴天なら頂上は見晴らしがよく、視界を遮るものはないとのこと。

朝7時小倉を出発、曇り気温6℃とこの時期としては暖かい。
然し、中国自動車道を進むに従ってR気温1℃、道路沿いの風景と山並が雪景色に変わっていく。
六日市から戸河内間はチエン規制がかかっており、六日市SAでタイヤ装備チェックを受ける。
吉和ICから女鹿平スキー場までは除雪が立派にされているが、その先登山道は積雪通行止め。

スキー場から登山口まで約1時間歩く羽目になってしまう。
登山口出発11時、先発にカンジキ装着の登山者1人あり、我々はそのトレースの跡に付いて楽をさせてもらうが、約30分足らずで先客を追い越す。その頃から段々と雪は深くなってくる。

軽い立ち食い昼食を済ませ、我がグループもカンジキを男性3人が装着、交代でラッセルを開始その後を、残りのメンバーが続くスタイルだが、結構足跡を踏み外しスッポリ腰胸まで嵌まり込むお尻ごと嵌まり込むと自力では容易に脱出できない。
何故か、決まって体重重めの人が落ち込むから救出も大変である。
雪と闘い、戯れながら尾根筋の1000m超まで登ったところで、帰路時間を考慮して、残念ながら時間切れ下山をすることになった。
雪質は重たいが気象条件、体力的にも十分余裕を残しながらの下山は悔しかった。

北九州から冬山登山を計画するなら、無雪期に十分なチェックをし、宿泊等を盛り込みタップリ時間に余裕を持つべきである。

戻る



inserted by FC2 system