【東北の春めぐり】

2006年4月22日〜25日
東北の花旅、まずはミスで始まった。
計画書では、福岡空港11時集合となっていたが、実は、これが11時出発時刻に変わっていたのです。
先着のHさんが、真青になって手段を尽くすが、とても間に合う術がない。全員揃った時は飛立った後である。
(福岡空港〜花巻空港間は2日に1便しかない)本来なら当然、我々の完全な落度で全てを諦めなくてはならない
ところをJALの心温まる親切な取計らいで、大阪で乗り換え、花巻空港に2時間半遅れで到着でき、何とか目的地
の田沢湖高原の宿泊地に辿り着いた。
JAL社員の方々に、一同涙の出るほど感謝感激の一日目であった。
《日本航空さん、ありがとうございました》


『雪』
良いことも重なるもので、翌朝はこの春一番の晴天とか、想像以上に雪深い駒ケ岳へ!♪!♪、風もなく穏やかな
山頂付近からは四方雪に包まれた山々の大パノラマ、岩手山、早池峰など裾のからタップリと雪を覆って見事である。
6月に登山予定しているが、大丈夫か〜な?。いつまで見ていても飽きない真白な雪山アート風景に酔いしれた。
『花』
春の訪れを告げる花のミズバショウ、カタクリの花など、九州の人間の目には、ドリームランドに写るほど数の多さ
その広さなのに、地元の人の話は今年は積雪量が多く、4月の平均気温は例年より3℃も低く、雪解けが遅く、チョボ
チョボしか咲いていないとのことだったが、6万本のミズバショウ群生地刺巻湿原。規模や密生度日本一と言われる、
八津かたくり群生の郷など、はじめて見た人はきっとパラダイスを感じるのでは。
『桜』
今回、一番の目玉は、角館のシダレ桜、2km続く桧内川提桜トンネルの中で花見の予定であったが、ご覧の通りまだ蕾
桜の下でカンパイ(完敗)宣言!。また出直しておいでといと言うことにして!。花見登山は難しい・・。
 
 
戻る
inserted by FC2 system