野母崎半島の水仙の里

 【2006年2月5日(日)】

水仙フラッシュのページ

前日まで積雪情報の飛び交う中、今回は長崎県野母崎半島の八郎岳登山と日本香り百選、野母水仙の里公園へ出かけた。
雪山覚悟で装備を整えて行ったものの、この地は年間を通じ殆ど積雪を見ることはないとのこと。なるほど、登山中に雪のかけらも見ることはなかった。

また、当日は2月には珍しく暖かな好天に恵まれ、八朗岳(590m)は低山に拘らず天測点や1等三角点
が設置されるほどの山だから、山頂からの眺めは360度大パノラマ抜群である。最西端の水仙公園は、東シナ海からの冷たい風と15000本のスイセンの香りに包まれ、見物者をこの上ない幸せ気分にさせてくれます。特に、ここから見る軍艦島は印象的です。

ここまでが今回の行動計画であったが、高速道路貫通のお陰で時間に余裕が出来たので、長崎ランタン祭りまで足を延ばせた。
午後3時頃なのにワンサの人出で賑わっていた。「夜型イベント」堤灯に灯りのともる頃には、キット
凄い人で混雑することであろう。長崎は遠距離イメージで日帰りは無理と敬遠していたが、高速道路直結で完全な日帰り圏となりました。

戻る

inserted by FC2 system