【早池峰山&岩手山】
《2006年6月3日(土)〜6日(火)》
 
         今回は早池峰(1,914m)と岩手山(2,038m)を登る企画。
 
6月入梅時期で天気も、花の時期にも早過ぎのではと、あまり期待はしていなかった。予想がよい方に外れ連日好天に恵まれ、シラネアオイ、カタクリ、キンポウゲ、ショウジョウバカマ等など数え切れないほどの花々に巡り会え、険しい岩石登山も沢山の高山植物の群落に疲れを癒され、雪渓の雪上歩きも楽しめた 

3日(土) 福岡空港11:00発⇒花巻空港13:00到着、本日は貸切バスで移動日の為、途中宮沢賢治記念館と宿泊地の河原坊の早池峰神社を見物する。この付近でも高山植物が見られるから羨ましい限りである。
 
4日(日) 8:00出発とゆっくりしすぎのため、早起きの中高年者には、勿体無い退屈な時間である。それでも、団体登山の有難いところは民宿十和坊仕立ての車で標高200m高い小田越登山口まで10分で到着する。
1合目、シラビソ林の最初の雪渓を抜ける頃までは、ショウジョバカマしか見かけなかったが、蛇紋岩、花崗岩の岩石道を慎重に渡り歩く頃には、ミヤマキンポウゲ、チングルマなどが顔を覗かせ、振り向けば薬師岳など展望もよく、結構な急坂の割には退屈することはない。
10:20頃、直立の2段梯子を過ぎ緩やかなハイマツ帯と雪渓を渡ると早池峰山頂に10:40到着。昼食後11:50から下山開始、千丈ケ岩、打石、御座走りの岩壁が荒々しく聳え立つ急降下の歩き難い岩道を2時間ほど歩くと河原坊登山口に14:10到着した。
 
5日(月) 盛岡市のホテルを6:30出発、柳沢馬返し登山口7:20スタート、視界はきかないが新緑のミズナラ、ダケカンバの林を歩くのは清々しくて気持ちがよい。5合目付近からシラネアオイ群落が見られ、下手な写真を撮るのに一生懸命で、登山道については覚えていない。ハイマツ帯となる8合目には立派な避難小屋と清水場があり、休憩に最適。
9合目の不動平避難小屋までは緩やかなハイマツ道と雪渓を通り12:00到着。ベンチの置かれた休憩所で食事後荷物を置いて砂礫を登ってお鉢へ登る、歩く途中は雪を覆った秋田駒ケ岳や八幡平の山々が西から北に延びて見晴らしのよい楽しいコースだ。右手に大きな噴丘を見ながら時計回りに外輪山を一周、途中から外輪山の中に入って、岩手山神社に立ち寄る。一周1時間10分を要した。
14:00不動平小屋前の雪渓を10分キックステップを楽しみながら乗り越えると、御見坂コースを一気にハイマツの中、岩石の急斜面と残雪を踏みながらの下山、30分ほどすると、ユキワリサクラ、カタクリ、シラネアオイなど、紫、白、黄、ピンクと花々のオンパレードであるがロングルートの上、足元が悪く油断が出来ない。御見坂駐車場、到着予定は16:00となっていたが、17:10となってしまった。後で知ったが、岩手山の登山ルートの中では、最も登りがきついと言われる健脚派向けのコースであった。
 
6日(火)網張温泉国民休暇村の朝は、早起きカッコウの鳴き声で目覚める。
従業員のガイドで早朝ウォーキングをしながら、次は高山植物の宝庫と言われる秋田駒ケ岳へ、春にもう
一度訪れたいと心密かに抱きながら帰路についた。
 
表紙に戻る
 
inserted by FC2 system