2005年12月25日 


【英彦山のクリスマス】「メモ」2005年12月25日

今年の登り納め、何時しようかと考えていた。
昨晩の放射冷却で、朝真っ白に降霜して、天気は快晴。
もう、こうなると頭の中に、青空と樹氷の景色がチラツキ、
とても家の用事などする気になれない、突如英彦山行きを宣告!。
日頃、よく働いて(?)いると、こんな時、何の不平も言われず(?)自由に出られるのは、ありがたい。

ここ数日寒の緩みで、幾分よいかと思った英彦山道路、相変わらずアイスバンで厳しい、除雪はされているものの、
しゃくなげ荘から上は凍結で危険である。

ここから別所駐車場まで歩くこと約45分、まず奉幣殿から中岳へ登ることに。
途中、ネット仲間のMORIさんに、2年越し逢う約束しながら、山に行く時間はあっても、街で会う時間の作れない二人のために、誰かの引き合わせか、こともあろう(縁?)ムスビ神社前でバッタリ出会う。

登山ルートが違うため、ゆっくり話し出来ず残念であったが、山頂までの僅かな時間、とても懐かしく嬉しいひと
ときのクリスマスプレゼントを頂いた。

山頂までのレポは相変わらず、すご〜い行動力とスピーディなMORIさんページをご覧下さい。
MORIさんと山頂小屋で別れ、北岳方面へ、この方面流石に一段と雪が深い。然し、トレースが付いているので歩くのに大して苦労はない。ただトレースを踏み外すと、有に腰まで嵌まり込んでしまう積雪で要注意で歩く。

期待の樹氷は、ヘタッピーカメラマンには日光は絶好の調味料となるのに、昼から顔を覗かせてくれない。

また、ここ数日暖かいのと強風に叩き落され、思ったほど付いていなかったが、久し振りに雪上歩きを堪能した。
 

戻る

inserted by FC2 system